TOGAWAのばらつき日誌

アイデア。何かのヒント。本質的なことなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イスラムに対する西側の報道に注意したい

イスラム



「イスラム国」どんな組織 恐怖で勢力拡大
2014/9/16 11:42
日本経済新聞 電子版

「アラブの春」と呼ばれた民衆による民主化運動で大きな変化が訪れた中東の政治をイスラム武装組織指導者が揺さぶっている。
シリアとイラクで支配地域を広げたイスラム教スンニ派の過激派「イスラム国」を率いるバグダディ指導者は、残虐さが際立つ。
人々の恐怖心を利用して勢力を拡大する過激派勢力に対し、国際社会は今後、長い戦いを強いられそうだ。
 「がんを取り除くには時間がかかる」。オバマ米大統領は2001年の米同…

—————————————

こういった記事は西側にとって都合のいい報道
イスラム側の立場から報道されたものを読む機会がなく
我々は「中立」になれない
一瞬は中立なれても左右東西に別れ継続できない
だから「神」が必要なのかもしれない
どこか誰かの中立の報道があるのかどうか?
それはないといえる

あるフォトジャーナリストに訊いてみた------イスラム側からの報道は可能か?
命がいくつあってもたりない/彼らは過激だから無理------ハッキリ言われた
しかし互いに過激なのでは?------西側の理不尽な街の破壊にしても誤爆にしても経済制裁にしても

映画「猿の惑星」先行ロードショーを観る
その作品は人と猿の思惑を中立的に描かれていて共感できるもの
互いに思惑は異なっても------しかし互いに共存したいはず
「がんを取り除くには時間がかかる」------強国の発言
スポンサーサイト
  1. 2014/09/16(火) 15:41:26|
  2. 気づき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

危機を管理???

危機安全



最近はつまらないことに------現実的になっているというか
そうなるとアホになって対策を練りはじめ
勿論そんな対策は役に立たない

危機管理という妙な言葉が頭をよぎる
「危機を管理」?------できるわけがない
危機管理を抑止だと解釈しても
リストラや大地震や大津波は避けられない
結果的に自分は助かったにせよ
家族や家や物が破壊されてしまい

先日の韓国の旅客船転覆の事故
他人は自分を守ってはくれないという決定的な事実
あのような事は韓国に限ったことではなく
どこでも起こりえること

インフラも含め巨大システムには欠陥があり

船ならまだ誰かしら脱出できても
旅客機なら脱出不可能
安全基準などあってないないようなもの
どうせないのだから
船に乗るときはゴムボートを持参
旅客機はできるだけ短距離移動に利用し
そこから先は列車かバスの方が無難ダ

我々のようなアホが行きて行くにはカネが必然らしい
安定を求め起業する若者は減っているらしく
カネや企業に安定などないとして

歳をくってくると保証人になってくれる者が減り
カネを貸してくれる者が激減する
まあしょうがない
歳をくえばくうほど頭より直感がさえてくる
これは間違いなさそうダ


TOGAWAのその他ブログ
http://blog.goo.ne.jp/mankichi_nisshi
  1. 2014/04/29(火) 15:02:22|
  2. 気づき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現実とは不可解な

高圧線



マレーシア航空(行方不明)
UFOにさらわれたんじゃないか?
アメリカ人が考えそうなこと
戦闘機のミサイルが間違ってあたったんじゃないか?
軍事評論家がいいそうなこと
気圧の関係でパイロットが脳が停止
医学博士がいいそうなこと

南シナ海を捜索後に
オーストラリアの西の海に墜落の可能性
しかし何もわからないまま

中国人はプラカードを持って感情的に大騒ぎ
よくわからない光景

全てがわかりにくいからか
かなりリアルな感じ
結果と原因は結びつかないために

フライトレコーダーを見つけ出さなければ
関係者がそういえばいうほど
人命はどうなってる???

たぶんこういう状態でも
人々はマレーシア航空に乗っているはず
かなりリアルな感じ

巨大システムの中で命は安いものかも

飛行機の性能を疑うのかパイロットの資質を疑うのか
おそらく後者が疑われるているはず
人は間違いをおかす------ものであるので


TOGAWAのその他ブログ
http://blog.goo.ne.jp/mankichi_nisshi

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 2014/03/27(木) 23:06:18|
  2. 気づき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言論と表現の自由の限界

DinePhoto



国境がないことがインターネット------と思っていた
しかし現実には著作権うんぬんがあり
事情はいたって複雑

トルコ政府がTweitterに介入してトルコ市民は使用出来なくなり------そこまでする?
確かに国家情勢がうんちくされれば困るにちがいない

(言論と表現の自由の限界)

先日フランスのメル友より
戦歴に関するフランスTVのWebサイトのURLが貼られていたが
動画についてはフランス国外で観ることは×
http://apocalypse.france2.fr/premiere-guerre-mondiale/fr/home
カナダのメル友が確認したがやはり

YouTubeは著作権に問題が発生すれば閲覧ができない
たとえばフランス映画にBGMをつけてUPした場合
フランス国内の市民は観ることが出来ない

アメリカの写真家(知人)の作品を15点ほど動画に編集し
ライクーダーが演奏する「パリテキサス」をBGMに使い
ライクーダーのクレジットを加えてUP
(TOGAWA制作)

本来ならアメリカ市民は観ることが出来ない
UPした数時間後にYouTubeから警告があり
しかしYouTube側が商用ではないと判断------OKとなる
そしてUPした動画の下部に
iTunes「Pris, Texas」を購入とリンクが貼られ
写真家の知人は観ることが出来ている
https://www.youtube.com/watch?v=tFtnvsLHkFI


TOGAWAのその他ブログ
http://blog.goo.ne.jp/mankichi_nisshi

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 2014/03/27(木) 03:58:41|
  2. 気づき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おっかないナショナリズム

ナチス



我々日本人は欧州やアメリカ大陸の歴史や事情をほとんど知らない
ましてや沖縄や北海道や尖閣などの実情を知らない
知ってどうする?------それが本音と思われ

近年では投票者が激減している
その理由として
誰を選んでも同じだから
当選しても公約を果たさないから
世の中変わんないし

その前に自分が大して困っていないから投票する気がないと思われ
それに困っている人を知ろうともせず
言い換えればどうでもいいと思っているのでは------
もしも自分の身に都合の悪い事がふり掛かろうものなら
是が非でも投票に行き------1票の重さを感じるに違いない

たとえば徴兵制度
死ぬかもしれない伝染病にかかったった場合
公害や災害による被害
インフラの崩壊
最悪な戦争

過去の歴史を紐解くと
庶民が平和でボケているとき------社会に不満をいだく結社がうまれ
あっという間に庶民は暴力の渦の中へ放り込まれ
人権や人間性など関係なくなってしまう
もしもそうなったら誰が自分を守ってくれる?

ちなみに現在でもヨーロッパの格差はひどいものらしく
貧しい国の大学を出るとアメリカやフランスやドイツに就職を求めて国を出て行くらしく
つまり貧しい国は人材を確保できない状況
貧しい彼らが生き残る方法は他国語の読み書きや会話ができることらしく
しかし他国の労働者が国内に増えたらどうなる?
もしも------出て行け!殺してやる!と言われたらどうなる?
逃げ隠れが出来なくなり迫害される恐怖
そういう事情から欧州では歴史教育を重要と考えているらしく
つまりとんでもない指導者が出現しないように
投票権は人権同様に需要であるらしく

シリアやウクライナやイラク以外に紛争している国があり
今後も予測されている大地震や食料問題など
その火の粉が我々に------いつ何時
やはり優れた指導者を選ぶことは大切なように思われ

観る価値がある---デジタルカラー映像
https://www.youtube.com/watch?v=w69vP7zTZLA



TOGAWAのその他ブログ
http://blog.goo.ne.jp/mankichi_nisshi

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

  1. 2014/03/21(金) 20:50:42|
  2. 気づき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

KT

Author:KT
音楽、写真、デザイン、美術、文学などに情愛を持っている。だが純粋な高等遊民になれない下等遊民。haha!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
雑文 (5)
自問自答 (0)
ひらめき (1)
気づき (5)
発見 (3)

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。