FC2ブログ

TOGAWAのばらつき日誌

アイデア。何かのヒント。本質的なことなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイデンティティーとは?

ベンツ  


Identity:アイデンティティーという言葉を耳にしたのは僕が音楽界からデザイン界に入った直後のこと(24才頃)
デザインとは何?「諸問題の分析&解決」「主体性を育むもの」と考えている
日本においてデザインは一般的にビジュアル(外観)の事を示すが
Designはそんな単純な分野ではなく
問題点の抽出---問題点の分析---問題解決案---構想---計画---設計---実施のこと
そのようなプロセスを持って僕なりに仕事に取り組んで来た

「日本人にアイデンティティーがない」これもよく耳にする
おそらく日本人に哲学や思想が育っていないという説
つまり哲学とは植物に例えれば球根や種
そして思想は花や実といえるかと

日本人の指向はビジョンより突発的に物事に取り組む-----と社会学者に言われている
そうなると無駄が多くなりコスト面でマイナスとなり
したがって日本人はバラバラな集団なのか?
つまり日本人は不合理的な事をやってしまうと言いたいのだろう
------が日本人と個人は異なるので注意
男性・女性・子供・職種その他いろいろ地域性もあり

「日本語にアイデンティティーのコンテクスト(文脈)がなかった」それなら理解できる
せいぜい「位置づけ」という程度の概念しかなく

第二次世界大戦当時、日本は大和魂など全体的な精神がはびこっていた
最近ではサムライJAPAN(なんのこっちゃ?)
つまりサムライなどに具体性がなく負けても腹を切らなかったし
そんなチャランポランさが------日本人のアイデンティティーといえなくもない
あの第二次世界大戦当時の日本人に個人に主体性があったのだろうか?
主体性はあるにはあっただろうが少数に思える
これについては現代社会においても同様かと
(日本人が主体性を持たないというアイデンティティーの論理が---成り立つ可能性)

たとえば電車内の半強制的な呼びかけやステッカー
体の不自由な方に席をおゆずりください------携帯電話どうのこうの
ヘンだと思ってもあからさまに言わず裏でブチブチ

話を戻すと日本海軍は零戦という世界最速低燃費の戦闘機を開発
しかし零戦は敵機を想定して開発されていなかったし
搭乗員の命がないがしろにされた構造だった------が戦争を開始
劣勢だったアメリカの戦闘機は零戦をやっつけるために戦闘機ヘルキャットを開発
その集団的なヘルキャットにボコボコにやられてしまい
零戦はB−29の高度にたどり着けず------というしまつ
大和はデカ過ぎたために実戦で使えなかった

デザインの中でコーポレイト・アイデンティティーという分野があり
要するに企業をデザインするカテゴリーのこと------略してCI
難しい日本語で「企業理念」といわれている

「理念」とは何?
本能ではなく人間らしく考え------意識的な行動をとること------そのように解釈
言い換えれば個性と社会性を意識して持っているというような
そして企業戦略(規模の拡大)やマーケティング戦略(市場の確保)を持つ

今日のようなグローバル経済世界になればなるほど
どこの国の企業なのか?となるため
信頼性を得るために企業の位置づけや個性を明確にする必要があり
コーポレイト・アイデンティティーは重要といえる

フェラーリはドイツではなくイタリア
BMWはイギリスではなくドイツ
ロッテは韓国のようだが日本
さてフィリップスは?------オランダ

ちなみに最近ネット上で見苦しい差別用語が目立つ
平気で中国や朝鮮を挑発している
それこそが日本人にアイデンティーがない!とされるゆえんであるかと

最後にアイデンティティーは客観的なものといえる
他国が日本を国家として認めない限り国家ではないということ
例としてウクライナ情勢やパレスチナ情勢など

やはりアイデンティティーを保持するには名前が不可欠だといえる
自分の名前は祖父や両親がつけてくれている
自分で自分の名前をつけられない
それ以前に国や両親を選べない
つまり自ら戸籍を持てない
要するに他者あってのアイデンティティーといえる

TOGAWAのその他ブログ
http://blog.goo.ne.jp/mankichi_nisshi
スポンサーサイト
  1. 2014/08/09(土) 13:56:16|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

左右/西東

日本人



君は右翼なのか?左翼なのか?
たぶん両翼だと思います
なんだそれは・・・
たぶん片方だけじゃ飛べないでしょうから
じゃ西か東のどちら
地球は丸いですから太陽に従うしかないので

日本人なら一般的にそんな風
しかし欧米はどちらかにつかないと大変なことになるらしく

確かに日本にしてみれば北朝鮮はああなわけで
中国もああいう感じなわけで
日本は共産主義国家になったことがなくキューバの国内事情もよくわからないし
かといって何かと好戦的なアメリカのようではなく
やはり日本は両翼ではないかと

つまり日本人は「和」とか「間合」とか
いっけん聞こえはいい-----それはそれでつかみ所がないので面倒
日本人の距離感や以心伝心は遺伝子に組み込めれ
日本人にとって本能のような
やや不便------しかしラクと思えばラク

でも世界はラクを許さないらしく


TOGAWAのその他ブログ
http://blog.goo.ne.jp/mankichi_nisshi

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 2014/03/25(火) 19:08:20|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウクライナうんぬん

EU&JAPAN  



ウクライナとクリミア半島うんぬんのニュースが入って来る
何のことやらわかりにくい
ヨーロッパの国盗り合戦は凄まじく
民族がどうのも加わりチマチマしていて

戦争して負けるとどうなるのか?
一般人は難民となり軍人は捕虜か処刑

地図を見るとヨーロッパを統合し安定させようとする努力が伝わってくる
しかしロシアはヨーロッパに加わろうとはしない

日本の国土は海域を加えると世界で7番目に巨大
中国やロシアが太平洋をほしがる------無理もないような

添付したURLの映像と記事を見れば
我々日本人が欧州の歴史をほとんど知らないことを知る
とにかく凄まじく

Article:https://www.youtube.com/watch?v=97p2VCYv_4c


TOGAWAのその他ブログ
http://blog.goo.ne.jp/mankichi_nisshi

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

  1. 2014/03/19(水) 02:50:13|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金や物は天下の回りもの

seibu



亡くなった母は「貧すれば鈍する」人だった
父が事業を始めても協力せず------協力出来ずじまい
父が事業を引き上げると我家はたちまち貧困
そんな時に母は弱気になり病に倒れ
逆に医療費が膨れ上がり
我々子供はバイトや家事をするしかなく

妻君もまた「貧すれば鈍する」タイプと多少いえなくもない
子供時代に豊かな家に育った者は貧すれば鈍しやすいのかもしれない
本人は現実的ダと思っているかもしれないが
貧困も富豪も紙一重であって
自然界に地震や波風があるように
両者ともに生涯固定されているわけではなく
頭ではわかっていても頭を使うことが困難になり怖じ気づき
しまいには自ら貧困だと決めつけてしまうことに

サラリー並の安定収入を得ている者が借金をしたらどうなる?
返済に四苦八苦してしまうのみ
自ら事業をというシュミレーションなどなく

この世はカネで全てが成り立っているのではない(はず)
カネがあれば幸福安泰というものでもなく
カネは道具であって言い換えれば手段でしかなく

会社務めを嫌々ながらやっている人は少数のはず
それなりに欲しい物があり所有したいものがあり
仕事の内容/人間関係から残業もおしまずに続けているはず
もしもカネだけの問題ならどこか狂っているのでは

少々のカネで頭と体を使えば稼げるはず
信頼しあえる友人や知人がいれば食事やカネを工面してもらえるはず
つまり「金や物は天下の回りもの」
誰かが投資をすれば誰かがチャンスを得ることに

TOGAWAのその他ブログ
http://blog.goo.ne.jp/mankichi_nisshi

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 2014/03/15(土) 05:20:41|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引越完了

apartment 



gooブログ→FC2
FC2は敷金礼金なし家賃もなし
しかし引越しは大変------環境がかなり異なり
編集段階でパニック
ネット上でそのあたりの情報があまりなく

gooブログのバックアップをインポートしてみる------グチャグチャになり
それを一掃(約5年分削除)するのに一苦労
おまけに最初にアップした2つの記事まで削除
インポートするのをやめ

以前の日誌はしばらくgooブログで保存してもらい

本日はこれにて

TOGAWAのその他ブログ
http://blog.goo.ne.jp/mankichi_nisshi
続きを読む

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 2014/03/13(木) 17:08:08|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

KT

Author:KT
音楽、写真、デザイン、美術、文学などに情愛を持っている。だが純粋な高等遊民になれない下等遊民。haha!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
雑文 (5)
自問自答 (0)
ひらめき (1)
気づき (5)
発見 (3)

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。