TOGAWAのばらつき日誌

アイデア。何かのヒント。本質的なことなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子供の貧困?

新聞少年



子供の貧困------妙な言葉
親が貧困なのであって子供が貧困ではないのに

今の子供は家族を助けたくてもカネを稼ぐことができない
昔は小学生や中学生の労働がいろいろあった
新聞や牛乳などの配達/配達物の集金etc

しかし文明社会になったため
インテリらによって教育的に問題があるとかどうとか------子供の労働が禁止になっている

僕が子供の頃------空き瓶の回収をして清酒工場に売ったり
鉄くずを集めて売ったり
週末は餅屋で米を洗ったり蒸したりして
そのお駄賃を母に手渡していた

昔と違って大多数の一般家庭が三度のメシを食えるようになったため
中学生の就職や夜間学校の存続も危うくなり

親兄弟を助けたくても助けられない------なんと見栄っ張りで理不尽な世間

ひもじい------そんな言葉は死後
しかしここ最近ひもじい子供達がいるのだとか
とくに母子家庭に
そんな母親は無能なのか?
政府が無能なのか------世間が無関心なのか?

何だか奇妙なのは
家賃を支払って光熱費を支払って
食べるメシがない???
学費がない???

どういうこと?
カネの問題?
本当の貧困は希薄な感受性かもしれないし


TOGAWAのその他ブログ
http://blog.goo.ne.jp/mankichi_nisshi


スポンサーサイト
  1. 2014/09/25(木) 22:36:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イスラムに対する西側の報道に注意したい

イスラム



「イスラム国」どんな組織 恐怖で勢力拡大
2014/9/16 11:42
日本経済新聞 電子版

「アラブの春」と呼ばれた民衆による民主化運動で大きな変化が訪れた中東の政治をイスラム武装組織指導者が揺さぶっている。
シリアとイラクで支配地域を広げたイスラム教スンニ派の過激派「イスラム国」を率いるバグダディ指導者は、残虐さが際立つ。
人々の恐怖心を利用して勢力を拡大する過激派勢力に対し、国際社会は今後、長い戦いを強いられそうだ。
 「がんを取り除くには時間がかかる」。オバマ米大統領は2001年の米同…

—————————————

こういった記事は西側にとって都合のいい報道
イスラム側の立場から報道されたものを読む機会がなく
我々は「中立」になれない
一瞬は中立なれても左右東西に別れ継続できない
だから「神」が必要なのかもしれない
どこか誰かの中立の報道があるのかどうか?
それはないといえる

あるフォトジャーナリストに訊いてみた------イスラム側からの報道は可能か?
命がいくつあってもたりない/彼らは過激だから無理------ハッキリ言われた
しかし互いに過激なのでは?------西側の理不尽な街の破壊にしても誤爆にしても経済制裁にしても

映画「猿の惑星」先行ロードショーを観る
その作品は人と猿の思惑を中立的に描かれていて共感できるもの
互いに思惑は異なっても------しかし互いに共存したいはず
「がんを取り除くには時間がかかる」------強国の発言
  1. 2014/09/16(火) 15:41:26|
  2. 気づき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウヤムヤにする日本と日本人

空と壁



数日前---哲学者/西田幾多郎うんぬんの番組を見る

その所感

日本人の哲学は科学とは無関係・・・
つまり思考が内に向かっているため
芽の出ない種の哲学らしきものはあっても

つまり土を与えられ水を掛けてもらえそうにないというか
それに人々が育てる意欲も----拒否する意欲もないというか

良く言えば---共存共栄の指向といえなくもない
しかしそれは国内での範囲
山口県民や沖縄県民は大人しいまま

欧州の哲学は民族と宗教(神学)が底辺にあるからか
矛盾(主観か客観か)を徹底的にぶつけ合い
下手すれば論争や紛争にまで発展
それに火をつけた哲学者は死ぬまで投獄されたり抹殺されたり

日本の場合せいぜい運動家としてのみで哲学者や革命家といえる人物が見当たらない
流行的左翼運動家が警察に捕まって拷問されて殺されて終り
警察から逃れた者の論理はウヤムヤ
物証がなく証言がほとんど

西田幾多郎は軍部指導の「大東亜共栄圏」の構想に異論があっても
ウヤムヤに同意している-----と云われている

よくわからなかったのは彼の哲学は禅でいう「無」が根源にあるらしく
彼は円を描き---その円の中は無限という定義
しかし円の外側に触れていない
つまり彼の哲学は主観も客観も同じ?
そのように観念的で箱庭的であり----なんだか説得力に欠けている
ま東条にしてもヒトラーのように一方的で徹底した強固さや見苦しさがなく
つまり毒にも薬にもならず天皇存続のために意思表示をせず死を選択
それはただ同情的に重苦しいだけのもの

で---その「大東亜共栄圏」とは
日本が共和国にしようとするものではなく生存圏もしくは共栄・・・
ウヤムヤにやろうとしていただけの植民地支配の策略
相手国の文化や立場を学ばず理解もせずに
日本が共栄圏を押し進めようと考えていたレベル
もしもTPPが共栄圏に似たような発想だとすると
その共栄圏のバックは軍事的指導であって
つまり政治的指導ではない----と思われる
となると全体主義の軍に哲学があるのか???
日本に政治哲学があるのか???
たぶん国益うんぬんのレベル

西田幾多郎は日本や日本人に自らの哲学を投げかけもせず
しまいには軍部に追いつめられ
日本が共栄圏の指導者になるべきかも---というような
ちと乱暴で弱気な回答をしてしまったようで
(勘違いされそうな----ウヤムヤ)

なぜ人類(とくに欧州)は哲学やイデオロギーが必要になったのか?
おそらく近隣の部族や近隣諸国とのいさかいがあったりして
思想や道徳をどうにか共有し
互いの進歩と調和を----というもの?

現在欧米指導による偉そうなエコロジーもそんな発想ではないかと
たとえばクジラ・イルカ・マグロも含め日本側は食として正当性をアピールできないままであり
(日本人はいろんな物を食べたがるという評判)

日本人は哲学的に----種うんぬんの指導者が不在で
品種改良の花うんぬんのアドバイザー程度の者しかいないように思われる
つまり本質や根本をないがしろにしがちであり
要するに世間の目を気にしており
一石も投じないのが現状
まあまあまあまあ----というような
嫌な事は忘れてしまえ----というような

アメリカのフォトジャーナリスト
KUNI-TAKAHASHIによると
日本人は政治的な話題を避けるのだとか
先日、KUNIが銀座と神戸で写真展を開催しとき-----その経緯について述べている
http://www.kunitakahashi.com/blog/2014/08/01/thoughts-on-my-exhibition-of-war/
http://www.kunitakahashi.com/
ちなみに僕はKUNIと面と向かって雑談したうちの一人

TOGAWAのその他ブログ
http://blog.goo.ne.jp/mankichi_nisshi




  1. 2014/08/15(金) 13:08:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイデンティティーとは?

ベンツ  


Identity:アイデンティティーという言葉を耳にしたのは僕が音楽界からデザイン界に入った直後のこと(24才頃)
デザインとは何?「諸問題の分析&解決」「主体性を育むもの」と考えている
日本においてデザインは一般的にビジュアル(外観)の事を示すが
Designはそんな単純な分野ではなく
問題点の抽出---問題点の分析---問題解決案---構想---計画---設計---実施のこと
そのようなプロセスを持って僕なりに仕事に取り組んで来た

「日本人にアイデンティティーがない」これもよく耳にする
おそらく日本人に哲学や思想が育っていないという説
つまり哲学とは植物に例えれば球根や種
そして思想は花や実といえるかと

日本人の指向はビジョンより突発的に物事に取り組む-----と社会学者に言われている
そうなると無駄が多くなりコスト面でマイナスとなり
したがって日本人はバラバラな集団なのか?
つまり日本人は不合理的な事をやってしまうと言いたいのだろう
------が日本人と個人は異なるので注意
男性・女性・子供・職種その他いろいろ地域性もあり

「日本語にアイデンティティーのコンテクスト(文脈)がなかった」それなら理解できる
せいぜい「位置づけ」という程度の概念しかなく

第二次世界大戦当時、日本は大和魂など全体的な精神がはびこっていた
最近ではサムライJAPAN(なんのこっちゃ?)
つまりサムライなどに具体性がなく負けても腹を切らなかったし
そんなチャランポランさが------日本人のアイデンティティーといえなくもない
あの第二次世界大戦当時の日本人に個人に主体性があったのだろうか?
主体性はあるにはあっただろうが少数に思える
これについては現代社会においても同様かと
(日本人が主体性を持たないというアイデンティティーの論理が---成り立つ可能性)

たとえば電車内の半強制的な呼びかけやステッカー
体の不自由な方に席をおゆずりください------携帯電話どうのこうの
ヘンだと思ってもあからさまに言わず裏でブチブチ

話を戻すと日本海軍は零戦という世界最速低燃費の戦闘機を開発
しかし零戦は敵機を想定して開発されていなかったし
搭乗員の命がないがしろにされた構造だった------が戦争を開始
劣勢だったアメリカの戦闘機は零戦をやっつけるために戦闘機ヘルキャットを開発
その集団的なヘルキャットにボコボコにやられてしまい
零戦はB−29の高度にたどり着けず------というしまつ
大和はデカ過ぎたために実戦で使えなかった

デザインの中でコーポレイト・アイデンティティーという分野があり
要するに企業をデザインするカテゴリーのこと------略してCI
難しい日本語で「企業理念」といわれている

「理念」とは何?
本能ではなく人間らしく考え------意識的な行動をとること------そのように解釈
言い換えれば個性と社会性を意識して持っているというような
そして企業戦略(規模の拡大)やマーケティング戦略(市場の確保)を持つ

今日のようなグローバル経済世界になればなるほど
どこの国の企業なのか?となるため
信頼性を得るために企業の位置づけや個性を明確にする必要があり
コーポレイト・アイデンティティーは重要といえる

フェラーリはドイツではなくイタリア
BMWはイギリスではなくドイツ
ロッテは韓国のようだが日本
さてフィリップスは?------オランダ

ちなみに最近ネット上で見苦しい差別用語が目立つ
平気で中国や朝鮮を挑発している
それこそが日本人にアイデンティーがない!とされるゆえんであるかと

最後にアイデンティティーは客観的なものといえる
他国が日本を国家として認めない限り国家ではないということ
例としてウクライナ情勢やパレスチナ情勢など

やはりアイデンティティーを保持するには名前が不可欠だといえる
自分の名前は祖父や両親がつけてくれている
自分で自分の名前をつけられない
それ以前に国や両親を選べない
つまり自ら戸籍を持てない
要するに他者あってのアイデンティティーといえる

TOGAWAのその他ブログ
http://blog.goo.ne.jp/mankichi_nisshi
  1. 2014/08/09(土) 13:56:16|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅前などにある掲示板の紛争

掲示板



画像に示すような公共掲示板を見たことがあるだろうか
塾/個人教室/行政書士事務所などなど

掲示出来る期間は9日間
9日間掲示した後------9日間掲示してはならないという決まりがあり
しかしそれは守られていない

というのも取り外して掲示している者を発見
それも堂々とやっている

酷い者は見やすい場所に掲示するために
他のポスターを外して空いているところに移動させ
ちゃっかり掲示していたり
さらに酷い者は深夜に期間内のポスターを外し
ズーズーしく掲示している

そこまでするッ???

嫌がらせで斜めに張り替えたり
押しピンをポスターの中程にいくつも押し込み

そんな輩が人に教えていたりコンサルしていると思うとゾッとする

しかし真面目にやっている者にとっては------たぶん怒りが

公共掲示板に特定の管理者がいないため無法状態
だからといってそこまでやるッ???

もちろんこれは主観だが
顔写真のないポスターは問題ありかと

TOGAWAのその他ブログ
http://blog.goo.ne.jp/mankichi_nisshi

  1. 2014/05/23(金) 20:19:34|
  2. 発見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

KT

Author:KT
音楽、写真、デザイン、美術、文学などに情愛を持っている。だが純粋な高等遊民になれない下等遊民。haha!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
雑文 (5)
自問自答 (0)
ひらめき (1)
気づき (5)
発見 (3)

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。